新古車の魅力

新古車とは、名前から中古車と考える人も多いが、じっさいには一切使用されていない新車のことである。
新古車は新車よりもかなりの安い値段で手に入り、自動車取得税も新車購入時の約3割引である。 自動車取得税も新車よりやすくなるが、なんと自動車重量税はかからないというメリットがある。 自動車取得税や自動車重量税などの割引を見ると約5~10万くらいは安くなる。 ディーラーが販売台数を伸ばしたいがため、ディーラー側が自動車を購入し販売台数を上乗せしている。 新古車を多く出し、販売台数を一定量より多くなると、メーカーから報奨金が出るらしい。 ディーラーが販売台数の上乗せの為に新車を購入し販売することなので、結局は新車と同じことを言う。
新古車販売はメリットがあり、とても需要があるが、新古車としての広告を載せてはいけない法律がある。 値段が安い、品質も新車と全く変わらないのに、さらに新車より納期が早いというメリットがある。
新古車は中古車とが紛らわしいため、自動車公正競争規約により表記が禁止されている。 新古車は未使用者のことなので一度登録されているために中古車扱いされている。 ディーラーが買い取りナンバー取得をしただけで走行していない車を新古車と呼ぶ。